スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ヨルダン旅行記その1

2010/06/20 Sun 14:44

ご無沙汰しています。めっきりブログ更新が遅れました。
というのも、この数週間、インターンの仕事の傍ら、内職でプロジェクトを進めていて・・・
(こんなの: http://see-d.jp/ )
加えて、一本、まとまった提言を書いていたので、「ものかきキャパシティー」がいっぱいいっぱいになっていました。
See-Dコンテストもほぼ立ち上がり、提言も書き終えたので、(それらの詳細は今度発表するとして)これからはもう少しブログの更新ができそうです。

さて、サイドでプロジェクトを進めつつ、観光・探検も傍らでたくさんしていました。
ブログ復帰のリハビリにまずはライトな観光のご紹介。

なんとも昔ですが5月25日はヨルダンの建国記念日でした。
この日はアンマン市内を散策しました:

Citadel
国旗はためくCiadel(城砦)

Citadel2
ローマ時代の神殿跡(2世紀に建てられたものだそうですよっ。)

Roman theater
Citadelから見たダウンタウンとローマ劇場の様子

サングラスをかけていたからよくわからなかったけど、実に空が青い!

---

更にその週末はケネディの同級生に紹介された友人達と一緒にジェラシュ遺跡を見てきました。
ジェラシュはローマ時代、ゲラサと呼ばれていてデカポリス(十都市連合)の一つだったそうです。実に青銅器時代(紀元前3000年ごろ)から集落があったほどの歴史ある土地です。
こんな乾燥した土地にどうやって住んでたんだ、当時は緑が青々としていたのか、などと思いをめぐらせつつ、ジェラシュを巡ります:

Jerash2
入り口付近の広場。ここで市民政治が行われていたらしいですよ。

Jerash1
メインの十字路。昔の人の行き来はさぞかしすごかったことでしょう。

Jerash3
神殿。ここの柱の一本が微妙に動いてるんです。(柱と土台の間にスプーンをはさむとスプーンがゆーらゆらと動く。。。)でも崩れないんだな、これが。

---

最後に博物館特集!
どれも超貴重なコレクションとわかりつつも、思わずくすっと笑ってしまった展示物の数々:

Citadel-museum1
サザエさん

Citadel-museum2
ピカソの真似 
(これ、後で調べたら、な、なんと9000年前に作られた世界最古のアダムとイブの像らしいです!!・・・あー、地球の歩き方を持っていれば、これをFunnyな像と思って笑って通過することもなかったのに。。。それにしても、その頃にもアダムとイブのコンセプトがあったなんて・・・!)

Amman-museum1
不敵な笑みを浮かべるラクダ(ローマ劇場の民俗博物館にて)

Amman-museum2
天に感謝する赤ちゃん(同上)

ああっ、教養がないことがばれてしまった。

なにはともあれ、ヨルダンは毎日、まいにち晴れていて、私はお天道様と同様、元気に暮らしています。

スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。