スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ずっと整理したいと思いつつ整理できなかったBOPビジネスについて、現時点で思っていることを整理しようと思います。
まだ考えを構造化できていないのでQ&A形式で。

①BOPビジネスとはなにか?
まず、BOPとはBase of the Pyramidの略で一人当たり年間所得がPPP(年購買力平価)で3000ドル以下の世帯を指します。この定義については、世界的にコンセンサスがあるようです。
一方、BOPビジネスの定義となると、「BOP層向けのビジネスのこと」だの、「BOP層で行われているビジネス全般のこと」だの、「いやいや、途上国の社会的課題解決を第一義とするビジネスのことだ」だの、定義がいろいろ分かれるようです。
困った時のお上頼みということで、経済産業省のBOPビジネス政策研究会の報告書をひもとくと、BOPビジネスは「主として途上国におけるBOP層を対象(消費者、生産者、販売者のいずれか、またはその組み合わせ)とした持続可能なビジネスであり、現地における様々な社会的課題の解決に資することが期待される、新たなビジネスモデル」と定義されています。

②BOPビジネスは新しいのか?
「新しいビジネスモデル」と呼ばれるBOPビジネスなのですが、新しいというからには、これまでの企業の一般的なビジネス活動の中では見られなかった新規性があり、またそれは「BOPビジネス」全般に共通する特徴であり、総括して研究するに値するようなものであってほしいと思います。

そんな新しい特徴はあるのか。C.K.Prahalad、Stuart L. Hartなど、世界的権威のある研究者が「ある」と断言してここまでホットになったの分野なので、もちろん特筆すべき特徴はたくさんあるのだと思います。
が、それが十把一絡げに「BOPビジネスの特徴とは」といえるものなのか。すべてを貫く普遍的かつ斬新なセオリーがあるのか。個人的な感想ですが、それは違うんじゃないか、と思います。

結論からいうと、BOPと世の中で括られているものは、一般的なビジネス感覚でいったら、間違っても一緒に括らないような、全く異なる雑多なビジネス群の集合体なのではないか。そして、取り組むに当たって、明確に現状とあるべき姿を定義し、そこに至るパスを整理せずに、「BOPビジネス熱」に浮かされて「世の中の役に立つだろう」という軽い気持ちで始めたら、収益が合わないどころか、社会にとってもプラスのインパクトをもたらさないのではないか。そして、そのパスの整理の仕方は、実のところドラッガーがまとめた経営論でカバーできていない新しい原理原則はないのではないか。
少し乱暴な議論かもしれませんが、これからしばらく、上記の仮説に沿って、引き続きQ&Aの形で考えていることをまとめていけたら、と思っています。

・・・と、ここで筆を止めてしまう前に、一つだけ補足させてください。

③では、BOPビジネスは注目するに値しないか

それに対する答えは明確にノーだと思っています。

世界の課題解決の観点から言うと、貧困問題は、知らない国の無関係な問題ではなく、世界の安定と繁栄を脅かす、深刻かつ切迫した問題です。なぜ貧困が平和を脅かすのか。それは、人類の過去の歴史を勉強すれば自明なことと思います。過去と今の唯一の違いは、今、世界の距離は簡単には想像できないほどに縮まっているという点です。100年前、アフリカの貧困は日本の繁栄には無関係だったかもしれない。が、今は違う。
貧困問題の解決には、今よりももっとたくさんのリソース、それもお金というよりは知恵のリソースが必要とされています。もっとたくさんのユニークなアプローチが必要であり、たくさんの人の関心が必要です。
BOPビジネスに括られる諸団体の一部は、貧困開発のユニークなアプローチの一つとして、確実に貧困課題の解決に貢献しています。

ビジネスの観点から言うと、新興国・途上国のシェア取り込みはどんなグローバル企業にとっても、トップ3に入るアジェンダではないかと思います。勤めていたビジネスコンサルティングの会社には、「Strategy Practice」なる、ビジネス戦略に特化して研究する部会がありました。その戦略プラクティスのトップが、ビジネス戦略の極意として開口一番に言ったのは、「成長しているマーケットに身を置くこと」でした。国のGDP成長率をしのぐ成長を一企業が成し遂げるのは、どんなに素晴らしい戦略をもってしても簡単なことではありません。
これから成長が見込まれる途上国のビジネスに取り組まないのは企業にとって死活問題です。
企業のビジネスポートフォリオの一部として、「BOP層」をターゲットとしたビジネスを考えるのは、おそらく必須なことだと思います。

繰り返します。私は、BOP層は、社会的にもビジネス的にも、大変注目に値すべき層だと思っています。
が、「BOPビジネス」は、それ自体が目的ではなく、あくまで社会問題解決、もしくは企業の成長の、手段の一つとしてもっとシビアに検討されるべきなのではないか、と思うのです。
例えば、貧困問題の解決が目的なら、政府の政策介入よりも開発機関の開発プロジェクトよりもNGOの活動よりも、本当にBOPビジネスが最適な解決手段なのか?内容の吟味もせず、「無償援助はダメで、BOPビジネスは素晴らしい」と言っていないか?
ひるがえって、企業価値の最大化が目的なら、本当にお情け程度のCSR活動や、政府のODA資金にベッタリのビジネスモデルや、いつまでも高コスト体質に縛られて「国内の工場が閉められないから、新興国向けのビジネスは採算が合わなくてできません。」という状態でいいのか。例えば、中国人口の約3分の1、インド人口の約8割が1日2ドル以下で生活している中、本当にそういう消費者はさしあたり無視します、でいいのか?

まとまりませんが、こんな問題について、いくつかのエントリーに分けて、書いていければ、と思います。
スポンサーサイト
Business | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
BOP に関する議論は識者・会社によって(同じ国でも)対象としている層が違うことがあり、社会貢献の一環なのか、新興国市場参入なのか、その性格付けが曖昧になりがちだというところはありますね(経営者と担当者の目線のずれ)。ユニリーバやコカコーラとGE ではアプローチも事業の性質も変わってきます。

BOP がおもしろいのは、マーケティングやロジスティックス等で現地の人々を巻き込みながら「(これまで市場がなかったところに)市場」を立ち上げていくところにあると思います。収益を確保出来る構造を如何に現地に併せてデザインするか、そこでどのようにユーザーがひ益出来る市場構造をデザインするか、といったところでしょうか。

Shan さんが仰るとおり、「BOP熱」に乗っかって参入するよりも、現地における綿密な市場調査を踏まえて事業戦略や計画等を練り上げる必要があることは言うまでもありません。現地のニーズや状況に応じて、柔軟に事業形態や、製品開発等々をローカライズ出来るフレキシビリティの確保は、グローバル市場で苦戦気味の日本企業が苦手とするところかもしれません(日本モデル/日本製というブランドで戦って勝ってきた故なんでしょうねぇ・・・)。

Re: No title
Outernatiojpさん>

いつも丁寧なコメントをありがとうございます。

> BOP に関する議論は識者・会社によって(同じ国でも)対象としている層が違うことがあり、社会貢献の一環なのか、新興国市場参入なのか、その性格付けが曖昧になりがちだというところはありますね(経営者と担当者の目線のずれ)。ユニリーバやコカコーラとGE ではアプローチも事業の性質も変わってきます。

そう、そうなんです。40億人には日収10ドルに近い人から1ドル以下の人まで含まれていて、1日1ドルと10ドルの人の生き方の差異は、50ドルと500ドルの人の生き方の差異よりもはるかに大きいだろう、と思うのですが、それがいっしょくたになって議論されているのがいつも気になってしまいます。
それに、ユニリーバは取り上げられるのに、世界中の津々浦々まで販売網を築いたコカコーラは褒められない、というのも、なんだか変ですよね(笑)。

>
> BOP がおもしろいのは、マーケティングやロジスティックス等で現地の人々を巻き込みながら「(これまで市場がなかったところに)市場」を立ち上げていくところにあると思います。収益を確保出来る構造を如何に現地に併せてデザインするか、そこでどのようにユーザーがひ益出来る市場構造をデザインするか、といったところでしょうか。

そうですね。おっしゃるとおりだと思います。多少議論が乱暴だったことを反省し、タイトルを変更してみました。このあたりについて、詳細を記事にできたら、と思います。

>
> Shan さんが仰るとおり、「BOP熱」に乗っかって参入するよりも、現地における綿密な市場調査を踏まえて事業戦略や計画等を練り上げる必要があることは言うまでもありません。現地のニーズや状況に応じて、柔軟に事業形態や、製品開発等々をローカライズ出来るフレキシビリティの確保は、グローバル市場で苦戦気味の日本企業が苦手とするところかもしれません(日本モデル/日本製というブランドで戦って勝ってきた故なんでしょうねぇ・・・)。

ここは本当に難しいですよね・・・。日本ブランドも、各企業が地道に世界市場を開拓して築かれたものなので、できる力は絶対にあると思うのですが。。。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。