スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今朝のDr.K.(ケネディ卒業生の大学教授)の案内によるツアーの一箇所目はバンコク市内の病院。現在、病気養成中の国王にお見舞いの言葉を書くとのこと。
そっけなく記帳名簿が置いてあって、そこにお見舞いの言葉でも書くのかしら、と思っていたら、ここでも宮内庁代表者にお見舞いのお花を贈呈し、記念撮影をするイベント付き。「今夜のテレビにこのシーンが出るよ。」とDr.K。…いったい私たちの存在は、どう宮内庁に伝えられているのだろうか。。。実情は、東南アジアへの旅行を思い立った友人が、即席で「South East Asia Cacus」という学生サークルをケネディで作り、彼女の企画に便乗した同級生4人がなんの準備もなく、タイに来ただけなのだが、もはやとてもそんなことを言える空気ではない。

さて、その病院で周りを見渡してみると、なぜかみんなピンクを着ている。ピンクのシャツ、ピンクのネクタイ、宮内庁の女性にいたってはピンク単色のセットアップスーツ。お見舞いの花もピンクのカーネーション。お見舞いカードもピンクの桜やハートのカード。
・・・確かにタイは色にこだわる国だとタイの友人からその昔聞いていた。いわく、毎週X曜日は国王を記念して、国王のトレードカラーである黄色の服を着るんだ、と。
このピンク一色の病院も、どうやら国王のカラーにあやかってということのようだが、でも、なぜピンク??

答えのヒントは昨日尋ねた大学や新聞社での議論の中にあった。
大学院で意見交換の昼食会に来ていた学生たちに「タイで一番変えたいことは?」と聞いたときのこと。貧困や売春の問題に加えて挙がったのが、「Yellow Shirt」と「Red Shirt」の政治問題だった。タイはニュースにあるとおり、この1年で首相が4人代わっている。民衆の支持が高いタクシン派と軍の支援を受けてクーデターを経て現政権の座についた反タクシン派の攻防が続いているのだ。国のすべての階級層を巻き込んで、「タクシン派」は赤いシャツを、反タクシン派は黄色いシャツを着て、それぞれの立場を主張し、その間に、大多数の無党派層が横たわる、という構図が続いているらしい。
この攻防を受け、黄色のトレードマークカラーが取られた形になった国王。急遽、国王カラーをピンクに変えて、現在のピンク一色の街になったようだ。
(タイ国民の間における国王の人気は圧倒的のようで、結果として街行くタクシーも、ポロシャツも、リストバンドも、広告も、本当にピンク一色なのに驚いた。
ピンクが国王カラーに採用されたのは最近のはずだから、その時のピンク需要たるや、すごいものだったに違いない。家電もきっとピンクの冷蔵庫やピンクのイヤフォンが売れたに違いない。街のペンキ屋さんはうれしい悲鳴を上げたに違いない。。。)


これだけ聞くと、タクシンは民衆の味方で、反タクシンは悪いヤツで、国王は政治闘争のために自分のカラーまで譲った人徳高い人、というイメージが出来上がるが、事はそう単純ではない。
Bangkok Postという老舗英字新聞社で、この道30年という編集者と話をしていたときのこと。「黄色と赤の攻防は、構造的にはどんな問題から来ているの?」と聞いてみたところ、Dr. Kが少しだけためらいながら、これは個人的な見解だけど、と言って教えてくれた。赤いシャツ(タクシン派)の支持基盤は、ITやハイテク会社の社長などの新興富裕層。一方、黄色いシャツ(反タクシン派)の支持基盤は、古くある財閥・銀行などの伝統ある家系。確かにタクシンは農民の味方のように見えるし、そのような政策を多くとっている。でも、それはあくまで民衆の票を買うため。政策の多くは短視眼的で、真に農民のためを思っているわけではない。そして、そのタクシンの作戦を見た反タクシン層も、やり方を見習って、昨今は民衆迎合の短期的な施策ばかり。タクシンがそういう政策を始めたので、タクシンのほうが信用できると見る人が多いが、実のところは、どちらの政策も大差はない。これは、民衆のためであるように見せかけた権力争いなのだ、と。
この情勢の中、国王は表面的には中立のスタンスをとっている。しかし、友人が教えてくれたことによれば、軍の実権を握るのは実質的には国王。つまり、軍が反タクシン派を応援しているということは、国王はやはり自分のカラーの黄色の味方なのだ。
このような構図は、知識層のタイ人なら誰もが気づいていることだろうが、タイでは国王の話は一切タブー。中傷・誹謗を言うと、逮捕されることもあるという。現タイ国王は、国王の座についてすでに70年近くが経っているが、彼が国王になった頃、タイ国王は国民の信任もなく、破産寸前だったそうだ。それが70年経って、今では世界中で最も財力があり、国民からの信頼も厚い王家になった。その裏に、すさまじい金の流れと、洗脳に近い国民教育とがあっても不思議ではない。
友人は言う。「知ってる?現国王の母親は中国人なのよ。誰も恐れ多くて言わないけどね。King never smilesという本を読めばわかるわ。彼はチャイニーズビジネスマンなのよ。」

こんな政治情勢のため、タイでは一国の首相であっても長期的なビジョンは持てないようだ。午後に、お父上が副首相を務める、また別のケネディ卒業生のアレンジメントで、タイ首相と面談を持つことができた。(本当に、たった5人のただの学生が首相と30分も対談を持てるなんて、奇跡だ。)
現タイ首相はイギリスで教育を受けたエリート。まだ40代で、副首相が「世界で一番ハンサムな首相だろう?」と冗談を言うほどに外見もかっこいい。(ちなみに、首相訪問を終えた直後の車内はいかに首相がイイ男だったかで話題持ち切りだった。)今回の金融危機への対策についての意見から、カンボジアへのメッセージまで、ざっくばらんにありとあらゆることを聞いてしまったが、驚くほどに正直かつスマートに答えてくれて、心底感動した。(注:現在、タクシンはカンボジアに亡命中。最近、カンボジア政府がタクシンを経済アドバイザーに採用すると発表して、現在タイとカンボジアの外交はこれまでになく危うい。。。)
そんな首相に、思い切って、20年後のタイのビジョンを聞いてみた。首相の答えは、「タイはポテンシャルの高い国だと思う。20年後の未来は明るいだろう。でも、それを実現するためにも、ここ数年の不安定な政治を乗り越えなければ。これから数年間が、タイにとってとても重要だろう。」というものだった。

この見解は新聞社の編集長も同じ。20年後のビジョンについて、「なにはともあれこの数年の危機を乗り越えなければ。」との答えがやはり返ってきた。

危機の乗り越え方、時間軸についての見解はさまざまだ。卒業生のお父上にあたる副首相は、「争いも経験の一部ですよ。」と仏教的(?)な感想をもらしていた。「西洋でも現在の民主主義が根付くのに数百年かかった。タイはまだデモクラシーを導入して70年だ。国民にも時間を与えなければ。学びを早めることはできない。」
Dr.Kの危機感はもっと切羽詰っている。「この対立・混乱が、民主主義の成長にとって、長期的にプラスになることはわかる。タイは確実に前に進んでいるとも思う。でも、だからといって、多くの犠牲を払って良いということには決してならない。この混乱による犠牲を最小限に食い止めるのが、Public servantの役目ではないか。」

みんなの議論をじっと聞いた後、編集長がぽつりと言った一言がとても印象的だった。「この状態が続いたら、いつか民衆の暴動が起きるだろう。国民は疲れている。彼らはただリスペクトがほしいだけなのだ。誰かにきちんと話を聞いてもらいたいだけなのだ。」

民主主義の歴史の重みを感じた一日だった。
スポンサーサイト
Kennedy School | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
No title
う~ん、ついに一国の首相まで登場して、なんだか陸さんがどんどん遠い存在になっていくようですねぇ(笑)
田舎に引っ込んだ身としては、とても刺激的なブログになってきました。もともとか。
せっかく日本に帰ってきたのに、会えそうになくて残念です。

こちらはのんびりコツコツと、大海に出ても生きていける井の中の蛙を目指して働いてます。明日の初めての妊婦検診のため、必死で予習する当直中でした。気をつけて帰ってきてね。
No title
南部の頑なな人達に話ききにいく予定とかは無いですか? どの国でもそういうのが一番勉強になった記憶あります。

パリに着きましたが寒すぎて全く動き回る気になりません...いいなあタイ。
No title
ほりさわさん>

あけおめ、ことよろです。
お元気ですか?いつもブログ読んでます。
コツコツぶりが正直、とてもうらやましいです。

Konpeさん>

残念ながらタイは正味3日しか滞在できませんでした。。。今は日本、あさってから上海です。
パリにいるのに美術館に行かないなんて、、、もったいない!!
No title
今日は防寒具を買って美術館に行ったです...さすがに良かったですが, 自分は博物館のほうがすきな人種かも、と思いました.

人類の経験の縮図がおきてる国に行ったのに向こう側の人に会わないなんて, もったいないですよ!
この手の状況についてフリーの良質な分析は, 読んだかもしれませんが例えばこういうところ↓
http://www.crisisgroup.org/home/index.cfm?id=6422&l=1
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。