スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

非連続的な変化

2009/12/27 Sun 04:07

帰国して一週間。
D-Lab Japanのこと、BOP向けの適正技術、商品開発のこと、日本発のイノベーションのこと、曖昧模糊とした問題意識を抱えながら、とにかく人と会い続けていたら、思わぬスピードで物事が動き出しそうな予感がしてきた。

これからは自分の整理と興味関心の方向性が近い方々に向けた情報発信の場としてもっと頻繁にブログを更新していこうと思う。

さしあたり、この1週間の感想。

・BOP(Bottom of the pyramid)への関心が日本で急速に高まっている。1年前にGSBの仕事をしてた頃と比べてもなお一層。(試しにFactivaで国内の記事検索をしてみたら、2009年は前年の5倍近く記事がヒットした。)
『世界を変えるデザイン』の日本語訳出版があったり、経済産業省でBOPビジネスに関する調査が行われていたり、自分自身のアンテナが立っていることから来る偏見は多分にあるものの、やはり流れの高まりを感じる。

・もやもやと模索していた問題意識に非常に近い考えを持っている人に何人も出会い、感動を通り越して、運命のようなものを感じている。やりたいという思いばかりが先行してなかなか紙に落ちていないのがはがゆい。はがゆいのに興奮状態が続いていて、落ち着いて作業に取り掛かれない。ひさかたぶりにキャパオーバーを実感。早くチームを作りたい。
チームメンバーになりたい人、大募集中。

・リーダーシップと社会の問題解決とクリエイティビティ・イノベーションは、別々なようでいて、すごく近いことに気付いた。同時に、いままでどことなくこだわっていた「リーダーシップの定義」もみんな違うようでいて、実はほとんど同じ事を言っていたんだなあ、と思うように。
こだわりを捨ててSTeLAの合宿に出てみたら、思いがけない気付きの連続。リーダーシップを教えるつもりで行ったら逆に学ぶことばかりだった。

この1週間があったのも、留学して考える時間が多くできたからだと思う。
留学当初は、普通に仕事を続けてても良かったんじゃないかと思ったりもしたが、振り返ってみると、やはり環境が変わるというのは、連続的なようでいて、非連続的な変化を生み出すものなのだなあ、としみじみと感じた。

・・・と、非連続的な変化をしていたら、クリスマスのお祝いメールを数多く出しそびれてしまった。

皆様、遅れましたが、メリークリスマス&良いお年を。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
No title
りくさん

STeLA合宿お疲れ様です。
リーダーシップについて改めて議論でき、たくさんの気づきがありました。

>チームメンバーになりたい人、大募集中。

D-Labについてとても興味があります。
自分のバリューを最大限活用して協力したいと思っています。よろしくお願いします。

それでは、良いお年を。

ブルーノ

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。