スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Gapminder

2009/09/10 Thu 23:23

噂のLant Pritchettの授業で、GapMinderなるページが紹介された。

ウェブで一番楽しいページ♪と、断言するLantの言葉の信憑性はともかくとして、
確かにけっこう楽しい。

たとえば、このLife expectancyとIncome per personを両軸にとって、1800年からの変化の推移を見たグラフなんて、ブラビアのCMのごとく、カラフルなボールが宙に待っていくようで、なんとも美しいではないか。

開発に特に興味がなくたって、工夫すると、Sugar per person(g)とHealth spending per personの相関関係だって、とれてしまうじゃあないの。

およそ開発とは無関係だけど、
砂糖の一人当たり消費量トップ国は、さして経済力と相関することもなく、
アイスランド(1960年)→コスタリカ→バルバドス(西インド諸島の島らしい)→キューバを経て、
1990年からはぶっちぎりでアメリカなのねえ。

ああ~、勉強になった。
スポンサーサイト
Economics | コメント(7) | トラックバック(0)
コメント
No title
おー、新ブログだね。「荒川のほとり」はもうやめたんだ(笑)リンクしときます。
No title
>砂糖の一人当たり消費量トップ国

おもしろいです!
No title
おのさん>

荒川のほとりはまだしぶとく存在はしてますよ(笑)。こっちは広く一般に公開できるようにすべく、ちょっとはまじめなことを書くことを目標にしています。。。

aiさん>

ありがとうございます。私も意外な発見にけっこう楽しんでしまいました。アメリカが一位っていうのは深く納得だけど、バルバドスってなんだ、と(笑)。
No title
よく出来てる~。
元気そうで何より!!

それぞれのIndicatorsの値は元はどこの統計から取ってきてるか分かる?
擬似相関
リンク先の引用元は分かりませんが、
Suger Consumption は少なくともWHOが出しているようですね。

Health Care Expenditure/capita を年齢要因調整後にすれば、擬似相関の一部は除ける気がするなあ。


No title
@kiko>

うん、こっちの生活にも慣れてきたよー。経済学は難しいなりね。もろもろの定義を理解するのも、それの実社会への応用を考えるのも。ずーっとやってると楽しくなるもの?

Wofwofさん>

コメント、ありがとうございます。おっしゃるように、砂糖とHealth careの話は、相関関係があるからといって、因果関係があるとは限らない好例だと思いました。
Wofwofさんの統計学のページも拝見させていただきました。W大M校は実は昔、受験したこともあり、個人的には思い入れのある地です。日記、これからも楽しみにしています。
No title
ラム酒について調べていたら、なんと偶然にも
バルバドスが出てきました。

国民の消費じゃなくて、お酒に回ってるのかもしれませんね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。