スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

カタツムリのその後

2013/06/03 Mon 22:33

旬を食べるのエントリーに出て来た天敵カタツムリ。そんなカタツムリ君はその後、自分の命に代えて(?)、私の生活に思いがけない幸福をもたらしてくれた。

戦いに負け続け、ついにバジルの苗を丸ごと食べられた朝、私はがまんできなくなって、朝出かけ際に遭遇した同じアパートに住むご近所さんにカタツムリ対策について聞いた。
いままで一回も話したこともないし、名前も知らなかったが、もう私は藁にもすがる思いだった。

ちょうど庭の花の手入れをしていたご近所さんは、ちょっと驚きつつも丁寧に自分がやってるカタツムリ対策を説明してくれた。ネットで調べた通りだなあ、と心の中で思いつつ、実際に試してみるか、と思い始めたその日の夕方。家に帰ってみるとドアの下に手紙が差し込まれている。
開けてみると、それは朝話しかけたご近所さんからのものだった。


A室に住むご近所さんへ

カタツムリの対策に私はSLUGGOという固形の薬剤を使っています。(以下SLUGGOの詳細)
たくさん持っているので分けてあげますよ。週末は大抵家にいるか庭仕事をしています。

追伸:昔、野菜を育ててみたいと言っていましたね。良かったら、花の植木鉢をどかして、日当りの良い場所を作りましょうか?

D室 B.(名前省略)




2013年のシリコンバレーのど真ん中。手紙文化もご近所付き合い文化も廃れつつあるこの地域でこの親切さ(!!)。(しかも私は挨拶したことも忘れていたのに、引っ越し挨拶の会話を覚えている!!)
驚いた。
そして、目に見えないプレッシャーを感じた。

確かに野菜を育てることには興味はあった。でもわからないことだらけで圧倒されていた。タネをまいても雑草と本物の苗の区別がつかない。肥料は必要なのか、水やりはどれくらいするのか、日照時間は足りているのか、、、わからないことだらけで、しかも成果が見えるのは数ヶ月後。実のところ、すっかりあきらめていた。

でも、ご近所さんは、私の発言を覚えている。そして、助けてくれようとしている(!)

その週末、ご近所さんを訪ね、まずはカタツムリ対策を一緒にしてもらった。使い方を教えてもらって一緒に薬剤を撒いた。その日を境にぱたりとカタツムリは出なくなった。

更にご近所さんは、更にお向かいのやはりガーデニング好きのご近所さんとも話をつけてくれた。
ある日、非常に日当りの良い場所が空けられ、「余っているから」と大きな植木鉢が置かれていた。

もうこうなったら野菜を育てるしかない。

苗と土を買ってきて、見よう見まねで植えてみた。庭で作業をしていると、ご近所さんBと、お向かいのご近所さんRが代わる代わるやってきては、いろいろなアドバイスをしてくれるようになった。
「トマトはあんまり水をやらなくていいわよ。」
「その鉢だとピーマンには小さすぎるわ。」
「土の上に小石を並べておくと水分の蒸発が抑えられるよ。」

葉っぱが枯れても、虫に食われても、ご近所さんに聞くと必ず一緒に悩んでくれた。
相談相手ができて、家庭菜園が少しだけ楽しくなって来た。

そうやって庭に目を向けてみると、私のアパートの共同中庭は、BとRによって、驚くほど素敵に手入れされていることに改めて気づいた。春はバラ。6月はあじさい。そして、今は2人が植えたひまわりがすくすく育っている。いままで野菜にしか興味がなかったけど、花も悪くないのかもしれない。

いろいろお世話になってしまったからなんか御礼がしたいなあ、と思って、この間ケーキを作ってみた。
今度は晩ご飯に招待したいなあ、とうっすら思っている。
いやはや、ご近所付き合いも悪くないのかもしれない。

カタツムリ君、ありがとう。






スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。