スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

キャリアのご報告

2012/07/04 Wed 00:31

くやしい、くやしい、とつぶやいてから1年余り。先日、なんとか無事スタンフォードとハーバードを卒業しました。

卒業後は、しばらくベイエリアに残って、無から有を生み出す新規ビジネス創出の仕事に携わる事にしました。
留学前はとんと縁のなかったネットビジネスの世界でしばらくがんばってみようと思っています。

インターネットの世界と出会ったのは去年の夏。
ベイエリア近郊で若者にいつもやさしくしてくれる日本人の先生の自宅でのパーティーがきっかけだった。
アメリカのドラマのワンシーンのように、その人はデートに誘うがごとく、私に声をかけた。
「しゃんさん、いつか一緒に起業しませんか?」
それまでネットの世界に何の縁もなく、実業の経験もなく(コンサル業は虚業だと呼ばれています、はい)、MBAというおよそ起業の実務には役立たないプログラムに在籍する私にそう呼びかけるとは、いくらなんでも見当違いでは、と思いつつ、シリコンバレーでは高校生のあこがれ(?)の頂点に立つソフトウェアエンジニアの人に声をかけられたのだ。ミーハー心もあいまって、私は「おおー、ぜひぜひ。今度オフィスに遊びに行かせてください」となんともビジネススクール生っぽくかるーく答えたのが、たぶん私のネットビジネスとの最初の接点だ。

引き続きミーハー心に支えられて、実際にそのソフトウェアエンジニアの方が籍を置くインキュベーションセンターを見学し、ネットビジネスのイロハのイくらいを教わったあの日の衝撃は忘れない。
(そして、時間を忘れてしゃべり続けたためにパーキングチケットをもらったことも忘れない。)
ネットのサービスを届けるのに、ユーザーの一挙一動が緻密に考えられ、設計をされているのも、
実際に少しでも不便だな、と思われると、速攻ユーザーに見捨てられるところも、
観察からテスト、結果の分析、変更の導入までのプロトタイピングのサイクルが文字通り数時間単位なのも、
「楽天ってアマゾンのコピーでしょ?」程度に思っていた海外へのサービス展開が、実は超至難の業なのも、
でも一方でそれがうまくいくと、本当に世界の政治をも動かしてしまうところも、
とにかく面白いと思った。
いやあ、もっと早く開眼しておけば良かった、とひょうひょうと思った。


同じ夏に、これまた偶然が重なって日本でも素敵な出会いに恵まれた。
日本のネット業界でコツコツと事業を拡大して成功を収めた起業家の方だ。
その人は別の意味で私を開眼させてくれた。
いままで、どことなく、ネット業界というと、エネルギー200%、平均睡眠4時間、肉も女も食っちゃうぜ!的なギラギラした人が起業して成功するイメージが勝手にあった(なんか表現がうまくないが、つまりはヒルズ族=IT起業家、というくらいに私はネット業界に疎かった、ということだ)。
その人はそれとは対極をいく、おだやかで懐が広くて、本質以外はこだわらず、そして本質では絶対に妥協しないような人だった。気づいたら、東ティモールの話や、世界のunderservedな場所に、生活を豊かにするプロダクトを届けたい、という思いも全部打ち明けていた。
いろいろご縁あって、その起業家の方のアメリカでの新たなチャレンジに参加させてもらえる事になった時、こういう事業なら、とても好きそうだし、ひょっとしたら、ずっとずっとやりたいと思い続けていた日本発のグローバルに通用するプロダクトを生み出せるかもしれない、と思っている自分がいた。

そんなわけで、これからしばらくはベイエリアに残って、某日本のネット系の会社の海外事業立ち上げの仕事に取り組みます。
留学記ではなくなりますが、ブログでは引き続き、ベイエリアからの雑感を(ときたま)お届けできたら、と思っています。



スポンサーサイト
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
おお、ネットビジネスデビュー
また一緒にいろいろお話したいですねー
でもいつになるのやら(遠い目)
No title
つーじー> ぜひ西海岸に遊びに来てください!いつでも待ってるよー。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。