スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ブータンのお姫様

2011/10/05 Wed 00:11

ケネディの同級生にブータンから来ている人がいる。
ブータンに観光で行ったことがあるんだ、と話したらそれはそれは喜んでくれて、それ以来、よく話をしている。

毎回とてもシンプルな話しかしないが、その会話の内容が心温まるのだ。

例えば夏にDCでインターンした時の話。
「DCのバスに乗ってると、誰も目を合わせてくれないんだ。なんだか話しかけるのが変だって言われてるみたいに感じたよ。あんなに大きな街で、たくさん人がいて、それなのに週末に寂しさを感じちゃうんだ。だから夏の終わりに世界銀行で働かないか、って聞かれた時、ここの街には住めないなあ、と思って断ったんだ。」
そうだよね。
ブータンではみんなが目を合わせてにこにこしてくれたっけ。

例えば貧困の話。
「MPA/IDでは、インドで貧困層のターゲティングをするためのサンプル抽出の手法を習ったりするけど、ブータンでは使えないなあって思ったよ。ブータンにいた時、社会保障の仕事をしていたけれど、『貧困層』に属する人達はみんな顔と名前がわかってたから。村を一つ一つ回って訪問したりするからね。」
そうそう、ブータンの人口は70万人だった。
日本でも人口70万人の市町村では、民生委員が家を回ったりするんだろうな。きっとそうなんだろうな。

例えば人の気持ちをわかるという話。
「ある時、日本のある大臣が、娘にブータンでの暮らしを体験させたいって言って、大学卒業したての娘さんをブータンに送ってきたんだ。その子は村に3週間暮らしてみて、そろそろ村の様子がわかったからティンプー(首都)に移動したいってコーディネートをしてくれた人にお願いした。でも、その人は断ったんだ。『もう村の人の気持ちはだいたいわかりました。』というその子に、『あなたはまだなにもわかってない』と言って。
『あなたにはお願いをすれば村を出られるという選択肢がある。村の普通の人にもそういう選択肢があると思う?選択肢がない状態で暮らしてみて、初めて村の人の気持ちがわかると言えるんじゃない?』と。
その子は泣きながら村に戻ったよ。そしてそこで3ヶ月暮らした。村の人も彼女がずっととどまるのを見て、この子はなんだか違うぞ、と思って、お客様扱いをしなくなったんだ。3ヶ月過ぎたら、『村を出たくない。日本に戻りたくない』って言ってたよ。笑」
ああ、脱帽。

そんな彼は、今週末からブータンに帰ることをとても楽しみにしている。
なぜ今、帰るのか。それは来週、ブータン国王の結婚式があるから。(なんと日本語でもニュースが!)

友人が説明してくれたブータン国王の結婚発表の演説の内容がことさら素敵だったので、ここで引用。(だいぶ意訳です。インドの新聞記事と友人の話をベースにしてるので一部不正確かもしれません。あしからず。。。)

「国民の皆さんは王妃に対していろいろな素養を求めるのでしょう。格別に美しいこと、聡明であること、優美であること。。。私には皆さんにとって彼女がどう映るかわかりません。」
「でも、王妃にとって、一番大切なことは、いつ何時でも善き人(good human being)であることだと思うのです。王妃として、どんな時も揺るがずに国民と国のために尽くす暖かい心を持っていることだと思うのです。ほかの素養は、時間と経験と、適切な努力をもってすれば、自ずと身に付いてくるでしょう。・・・私はそんな女性を見つけました。まだ若いですがとても暖かくて慈愛に満ちた心を持った人です。温かい心と年を重ねることで身に付く叡智でもって、彼女は良い国の奉仕者(servant to the nation)となることでしょう。」

こういう人を国王を持てるブータン人は本当に幸せだとつくづく思った。
ブータンでの結婚式が素敵なものとなりますように。

スポンサーサイト
Life in general | コメント(2) | トラックバック(1)
コメント
No title
いつもblog楽しませてもらっています。
「いつ何時でも善き人(good human being)であることだと思うのです。」
この言葉があまりにも気に入りすぎてコメントさせてもらいました。
「善き人」ではなく「いつ何時でも善き人であること」が大切というのは同じようで違いますね。

これからも体調に気をつけて頑張ってください。
No title
コメントありがとうございます!ブータンの結婚式は今日(というか時差があるから昨日?)あったみたいですね。
いつ何時でも善き人であることを目指して、日々修行しなければ、と思います。これからもよろしくお願いします!

管理者のみに表示
トラックバック
ケネディの同級生にブータンから来ている人がいる。ブータンに観光で行ったことがあるんだ、と話したらそれはそれは喜んでくれて、それ以来、よく話をしている。毎回とてもシンプルな話しかしないが、その会話の内容が心温まるのだ。例えば夏にDCでインターンした時の話。...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。