スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

世界中で働き口が減る時代

2011/10/28 Fri 00:31

今日、交渉術のクラスで1980年代のGMの労使交渉のドキュメンタリーを見て、ふと感傷的な気分になった。

毎日、同じ職場に行って同じ仲間と、「おれも資本社会の歯車の一つだぜ」と言ったかどうかはわからないけど、生産ラインで働く時代。
組合に加盟し、経営陣と賃金を交渉しあっていた時代。
毎年毎年の年収が上がり続けることが保証されていた時代。
世界中で、一つの会社に何十年と勤めることが当たり前だった時代。

映画から30年たった2011年の今、もうこの時代は終わったんだ、となぜだかはっきりと実感した。

今学期、主に途上国での非正規雇用について教えるInformal Economyの授業をとっている。
途上国のGDPの実に3割強、雇用の数で言うと6割程度が、非正規雇用によって支えられている。
非正規雇用はどんな仕事かって?
産業そのものが非正規な「Informal Sector」の4大産業は、街頭行商人(Street Vender)、ゴミ拾い(Waste Picker - ペットボトルなどリサイクルできるゴミを拾ってきてリサイクル業者に引き渡すことでお金をもらう)、メイド(Domestic worker)、内職(Home-based worker)。
正規な会社で働く非正規雇用は、日雇い労働者や短期契約の労働者を指す。
たとえば成長著しいインドでは、雇用の9割がなんと非正規雇用者。
みんな明日の収入の予測がつかない毎日を送っている。

「途上国」とくくると遠い世界のことのように聞こえるけれど、正規雇用は世界中で減っている。

たとえば、欧州。反格差デモの記事を読んでいてびっくりしたのだが、スペインやギリシャでは若者の失業率が4割を超えている。

chart
日本やアメリカでも、若者の失業率が全体の2倍程度だという現状は同じだ。


たとえば日本。1980年代のまさに労使交渉の映画の頃を境に、非正規雇用(パート、契約社員など)は増え続け、今や働いている人の3人に1人は非正規雇用だ。

グラフで見るとこんな感じ:
chart2

24歳までの若者の非正規雇用率は実に5割に達する。
ちなみに、引用もとのデータ図録の次のグラフはこう続く:

chart3
少子化にもなるよね、そりゃあ。

つい先日、岡田斗司夫さんが同志社大学で、「私たちは生涯、働かないかもしれない」と題した講演をしていたらしい。概要を読んで、そうだよなあ、そういう時代になったよなあ、と思った。同時に、いささか未来が不安になった。

世界中で正規雇用が減る。いや非正規を含めても働き口が減る。これはたぶん構造的に避けられないことだ。
なぜなら、経済活動そのものが、「生産性を上げること」を目指しているから。

私たちは雇われて、生産性を更に高める機械を作る。
工場に出入りしてより効率的に生産するやり方を考える。
より少ない人数でより多くのものを作れるやり方を考え、より多くの「付加価値」を生み出そうとする。

新しいビジネスを生み出そうとするときだってそうだ。
新規ビジネスは、ほぼすべからく、既存産業を壊して、その産業からシェアを奪うことによって成長する。
別に産業革命の頃もそうだったし、ネットビジネスだってその性質は何ら変わらない。
もちろん自分のビジネスを通じて新規雇用を生み出したいと思うし、生み出すけれども、その新しい産業の「生産性」が高い以上、やっぱりより少ない雇用でいままで以上の価値を生み出している、ということになる。

矛盾だ。大いに矛盾だ。
もんもんとした悩みを上記のinformal economyの先生にぶつけたら、「世界が生産性を上げ続けないといけない、利益は最大化しないといけない」というパラダイムを転換しないと世界がもたない。」と、多少震えた声で答えが返ってきた。

なんだかんだと資本主義社会のロジックが好きな私には、先生の言うパラダイムシフトはもうしばらくは図れないような気がする。効率の悪い会社を見たら、やっぱり「生産性向上を図りましょう」と言うだろうし、新しいビジネスを考えるなら、やっぱり「既得権益は壊しましょう」と言うだろうと思う。

でも、それでも、あんな労使交渉が成立していた時代のドキュメンタリーを見てしまうと、少しだけあの時代がうらやましくなるのだ。
あーあ、天災は続くし、金融危機は長引くし、今の世界は本当に難しい。




スポンサーサイト
未分類 | コメント(7) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。