スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

夢とお金

2009/12/30 Wed 12:29

今日、投資銀行に就職した友人と会いながら、雑談の流れで最近考えているプロジェクトたちのことをゆるゆる話したら、一通り聞いた後で、「それってFinancially回るんですか?」とさらりと聞かれた。

・・・うん、たしかに。まわらないかもしんない。というか、まわるかまわらないか、フローチャートは書けてもぜんぜん実感が湧かない。
やはり。ファイナンスって大事なのか。
私には投資銀行の経験も銀行の審査業務の経験もなく、IFCのサマーインターンは応募の資格すらなさそうだと知ったこともあいまって、しみじみとお金周りのスキルって大事なんだなあ、と実感。

でもやっぱり、と思い直す。お金は夢があって、使う人がいて、初めて生きる。夢があって、ビジョンがあって、初めて投資する先が生まれる。
夢だけでも絶対に成功しないし、かといってお金がなかったらなにもできないし、どちらもとても重要なのだけれども、どちらかを選ぶなら、私は夢を作るほうをやりたい、と思った。

そんなことを熱っぽく語ったら、「でも、最後はお金じゃない。」とぽつりと別の友人に言われた。
その人の横顔がちょっと寂しそうに見えて、なんだかとても悲しくなった。
私の思ってることが伝わらなかったのも去ることながら、その人は、その人が伝えたかった世界観・物事の本質を私にわかってもらえなくて、やっぱり同じように悲しんでるんだろうなあ、と思ったら、ますます悲しくなった。

人生は、本当に、できないことだらけだ。「夢」を使っても、「お金」を使っても、たった一人の人を1時間幸せにすることもできない自分の無力さと、それができるかもと願ってしまう自分の傲慢さに揺れながら、やっぱりそれでも、希望を持ち続けることは大事だよな、とぐるぐると考える今日この頃。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(8) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。