スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
インドネシアから帰国して2ヶ月。

帰国した次の日にUNDPの東京事務所に行き、その次の日にヤマハの本社に行き、土日休んで、するりんと会社に復帰した私は、今は、某多国籍企業のプロジェクトに毎日せっせと仕えている。

帰ってから、なんだか頭が混乱して、しばらくうまく社会復帰できなかった。
インドネシアでの人々の生活はことに不幸でもなかったし、やっていた仕事はコンサルティングの延長上にあるものだし、いままでの連続じゃない?と言われれば、全くその通りなのだけど、なんだかその連続線上にあるさまがうまく整理できなかった。

会社のプロジェクトでは、折りしも組織がらみの絶対的な正解のない課題をやることになった。
毎日、役員たちの意見の相違を調整する日々。
社内政治という私の最も苦手とする分野の仕事で、途中、正直プロジェクトが嫌になった。
なんで私の時間がこの人たちの意見の取りまとめに使われなくちゃいけないんだろう、とすら思った。

しばらくして、クライアントさんの会話の向こうから彼らのお客さんの顔が透けて見えるようになってきた。
「こんなことをしたら、一番迷惑がかかるのはお客さんだ。」
「ビジネスがつぶれてしまう。これまでもいったい何人のお客さんに見放されたことか。」
「こんなに変わってしまったら、社員にも説明できない。」

・・・そうか。調整していたのは、社内のポリティックスではなく、「既存のお客さんとの変わらない関係」と「現状脱却のための変化」とのトレードオフだったんだ、と思い知らされた。
変わり続けなければ生き残れない世の中と、変化に対する心の痛みは、インドネシアでも日本でも一緒だ。

---

「政策の世界って、ステークホルダーがたくさんいて、本当に難しいですね。」と法律学者の友人に話したら、「世の中は、善い人ばかりで成り立ってるから難しいんですよ。」と言われて、実にその通りだ!としみじみ納得した。

みんな、公共事業は悪だと言う。でも、公共事業が減って路頭に迷うのは、土建屋30年で、もうこれ以外仕事はできないんだっていうような気の良いおっちゃんたちだ。
官僚はずるい、ぜいたくだ、と人は言う。でも、官僚の一部、少なくとも私の周りにいる一部はみんな、身を削って、昼も夜も自分を犠牲にして働いている。

インドネシアでは、お母さんが毎日1時間かけて水を汲まなければならなくて困っている。
日本では、妊婦さんが病院をたらいまわしにされて泣いている。
金融危機になって、金融業界に勤める友人は明日の仕事の有無におびえている。
中小企業の社長さんたちは、社員の雇用を守るために胃を痛くしている。
みんな、それぞれに善い人で、そして時々悪いこともして、適度に幸福で、時折不幸で、そんなことは、世界中どこも変わらなくて、貧困層とかセレブとか関係なく、新興国も先進国も、どこだって一緒なんだ。

ああ、どうして、どうして、世の中の人って悪い人に見えても、みんな結局は善い人なんだろう。
これじゃあ、誰も責められない。スケープゴートにできたって、本当はヒトラーもビンラディンも絶対悪じゃない。そうじゃないからこそ、世の中の大勢の問題は解決しない。

---

インドネシアで心から解決したいと思った問題を二つ。

①インドネシアの水道普及率は村落部で6%。その原因は水道局の経営体制の弱さだと言われている。経営がだめな理由はいろいろあるけど、主な理由は水道料金の回収の悪さ。まず、水が途中で盗まれる(50%くらい)。そして、水道料金を支払わなくても水を止められないため(バルブをつけてないため)、水道料金の徴収率が低い(50%未満)。水を盗むのが村民だけならまだしも、なんと職員が組織ぐるみで盗んでいることもあるらしい。その原因は給与の低さ。水を盗まないと生きていけないから水を盗み、水があまり届かないから住民の水道料金納入率は下がる一方。うーむ、悪循環。

②国連の同僚のお姉さんはお医者さんだ。彼女は自分の一生をハンセン病患者に捧げようと思ってハンセン病の病院に勤めた。それはそれは献身的に働き、その成果が認められて段々と昇進。院長になり、予算がコントロールできるようになったとき、病院のトイレの修繕をしようとしたら、病院中の職員から、「そんなことはしなくていい。その予算を自分たちに分けてくれ。」と言われた。病院の給料は低く、組織ぐるみに予算に着服しないと生活ができないのだ。着服に協力をしないリーダーは、病院中のあらゆる力によって、その座から引き下ろされるという。
インドネシアで最も貧しいハンセン病患者からも蜜を吸い取らないと生きていけないのか、と思ったとき、それに耐えられなくて、お姉さんは仕事を辞めてしまった。

・・・これは途上国特有とも言えるし、万国共通とも言える問題だ。
ただ、はっきりしてるのは、今の私には、さっぱり解けないということ。
正確には、悪循環を断つ解のようなものは真剣に考えればわかるのかもしれないのだけれども、恩師の言葉を借りるならば、「一つのプロセスを解決したときに、また新たな問題が出てくる」ような気がしてしまって、どうも下手には手出しができないな、という気がしている。言い換えると、マッキンゼー流に課題を絞って評価項目を決めたら解決できると思うんだけど、実際の問題はもっと開放系で、そう単純ではないはず、とおぼろげながら思っている。

---

すごく、すごく長くなってしまった。
インドネシアで水事業を見て、2ヶ月間経って、最近思うこと。

とにかく勉強したい。人間について勉強したい。社会の成り立ちについて理解したい。
一人の人間の中に、白から黒までの価値観が内包されているさまとか、歴史が繰り返される事実とか、経済も政治も人類学も社会学もひっくるめて、哲学者みたく、こもって勉強したい。

そうして、勉強したら、世の中の不条理を、ちょっとずつだけでも、解決してみたい。当たり前のことが当たり前として通る、そういう風通しの良い状態に、世の中を近づける仕事がしてみたい。
子供たちには、人として最低限得られるべき権利と選択肢を与えたいし、大人たちには、伸び伸びと才能を発揮できる環境を与えたい。それがなんなのかはわからないけれども、そう思う今日この頃です。

皆様・・・、そんな私はどこでどんな勉強をしたらいいのか、ぜひ教えてください(涙)。
スポンサーサイト
UNDP / GSB | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。