スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ジャカルタ付近の比較的豊かな村でのインタビューだけじゃ、真の水へのニーズはわからん!

ということで、行ってまいりました、スラウェシ島・南スラウェシ州

ここでは、計180以上の村にCAREという国際的なNGOが川や泉の水を必要に応じて浄水し、各家庭まで水を引くプロジェクトを行っている(SWASH Project)。

浄水設備の原理はプロジェクトの調査対象と同じ緩速ろ過を採用し、施設の設計はCAREのテクニカルスタッフが行う。セメント、砂、パイプなどの材料は地元政府及びコミュニティができるだけ用意し、不足分をCAREが補う。
建設はすべて住民がボランティアで行い、その後の運営もコミュニティ内で選ばれた水委員会が実施。
コミュニティの力を最大限に利用するため、浄水設備だけを見ればヤマハの約20分の1の約3000ドル。各家庭への配水管の導入を含めても、総建設費は1000人程度の村落規模で、$10,000-20,000程度。
配水は、水源と村落間の高低差を利用するため、電力が必要なく、維持費はメンテナンスコストのみ。(水委員会のスタッフも、村人が交代交代でなるため、全員ボランティアで、人件費もかからない。)
装置は寿命15年と見積もって作られており、10年後に自分たちで建て替えができるだけの金額が積み立てられるように、月々、各家庭から水道料金を徴収する。その額、月々5000Rp(約0.5ドル)。
都市部の水道公社の水道料金も25,000-100,000Rp(3-12ドル)程度かかるため、この額は破格に安いと言って良い。
その上、豊かな水源のため、水は固定料金で、使いたい放題。飲み水だけでなく、洗濯、シャワー、家畜の飲み水までまかなえるというのだから素晴らしいではないか。

もちろん周辺環境が違うので、単純比較はできないが、同じ原理で動く市販の装置が、装置の費用だけで数百万円かかる上に、十分な量の水が浄水できないため各家庭への配水設備はなく、村人が20Lあたり500-2,500Rp支払って水を購入してようやくメンテナンスコストがまかなえている状況と比べると、はるかにうまく運営されているので、Best practiceを見習おう、ということで、現地を見学。

Masasar市から車で3時間。CAREサイトの一つにたどり着きました!

swash

村の目抜き通り。

village5

電気も通っているし、テレビの電波受信用のアンテナを設置している家庭も多く、そこそこ豊かな様子。聞けばカカオがとれるので、村にはそれなりに現金収入があるとのこと。カカオの売上から推測される月々の平均収入は2-3 Million Rp ($220-340)前後といったところか。うん、なかなかに豊か。

そんな村も、CAREが来るまでは水源が近くになく、村にたった一つある井戸を200家族みんなで使っていた。村の小学校の校長先生一家が、近くの泉から水を引き、近所の24家族限定で1日1時間ずつ使えるようにしたのだが、その水も乾季になると不足し、村人同士で水をめぐる争いが絶えなかったのだという。

そんな状況下で導入されたCAREの水道水が村に計り知れないインパクトをもたらしたことは、想像に難くない。実際、どの村人にインタビューしても、今の配水サービスに大いに満足している様子。

さて、そんなCAREの浄水設備が実際どのようなものなのか、実物を見てみることに。

CAREの配水は重力を利用しているため、高低差が200m前後必要。そんなわけで水源は山の中にあります。

mountain

文字通り道なき道をかきわけ、小川を乗り越え、崖から落ちそうになりながら必死に歩くこと1時間。

ようやく貯水タンクにたどり着いた。
water tank

そこから更に300m。こちらが浄水ろ過設備。
slow sand filter

更に森をかきわけ300m。これが水源。
waer source

ここに着く頃には靴もズボンもドロドロ。あまりに足取りが危なっかしいので、案内してくれた村の方が見るに見かねて杖を作ってくれたのだが、その杖を持つ手にも水ぶくれができてしまった。

ここにセメントやらパイプやらを運び入れ、ゼロから浄水機を作り、パイプを通した建設過程を想像して、気が遠くなった。

浄水機のとなりにあったこちらのスペース。
space

建設時、村の人々は男女の区別なく、3日交代で山に登り、このスペースで寝泊りをしながら工事をしたそうだ。

歩きながら気をつけてパイプを探していたのだが、あまり見当たらない。聞けば、たいていは地下に埋めたそうだ。
・・・いままで考えたことがなかったけど、水道を引くって、実にすごいことだ。

「コミュニティ・オーナーシップ」
=援助機関が作った装置が住民の手できちんと維持管理されるために、プロジェクトの開始時からコミュニティを巻き込み、彼らがオーナーシップを持ってプロジェクトを遂行することが必須。

そんな文脈で、コミュニティ・オーナーシップの大切さが語られ、いまやどんな援助機関のプロジェクトでも必ず盛り込まれている要素であることはインドネシアに来る前から本で読んで知っていたのだが、実際に現場を見て、しみじみとその意味がわかった。

この村は、正直言ってけっこう豊かだ。
電気も通っているし、お金を払って、どこぞの建設会社にぽんと浄水設備を作ってもらうだけのお金が拠出できないかというと、ひょっとしたらできるかもしれない。

でも、そういう問題ではないのだ。
村人全員が集まって、水を引くことを決め、みんなで数ヶ月にわたって一から設備を作り、最後の最後に、みんなの家に平等に水が届く、その達成感であり、「自分で引いてきた水」という感覚が、とっても大事なのだ。

CAREは1980年代からこのプロジェクトを続けているのだが、一度設備を作ると、ほとんどのケースで問題なく維持管理されるのだと言う。
自分で苦労して作ったという気持ちと、家の水道から水が出るというあまりの便利さに、「この水を失いたくない」という強いインセンティブが働き、村が一丸となって、維持管理に努めるのだそうだ。

---

水源の現場から帰る頃には日も暮れて、暗闇の中、村の方に手を引いてもらいながら、なんとか下山。「遅れてしまってごめんなさい。」と村長さんの家に挨拶に行ったら、CAREプロジェクトへの感謝の気持ち、ということで、夕食をごちそうしてくださった。
ここでも改めてCAREプロジェクトのインパクトを実感。

いっぱいいろんな人に迷惑をかけてしまったけれど、見に行って本当に良かった。
お世話になった皆さん、本当にありがとうございます。
また一つ、大事なことを学びました。
このご恩をいつか返せますように。。。
スポンサーサイト
Right to water | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。