スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
インドネシアから帰国して2ヶ月。

帰国した次の日にUNDPの東京事務所に行き、その次の日にヤマハの本社に行き、土日休んで、するりんと会社に復帰した私は、今は、某多国籍企業のプロジェクトに毎日せっせと仕えている。

帰ってから、なんだか頭が混乱して、しばらくうまく社会復帰できなかった。
インドネシアでの人々の生活はことに不幸でもなかったし、やっていた仕事はコンサルティングの延長上にあるものだし、いままでの連続じゃない?と言われれば、全くその通りなのだけど、なんだかその連続線上にあるさまがうまく整理できなかった。

会社のプロジェクトでは、折りしも組織がらみの絶対的な正解のない課題をやることになった。
毎日、役員たちの意見の相違を調整する日々。
社内政治という私の最も苦手とする分野の仕事で、途中、正直プロジェクトが嫌になった。
なんで私の時間がこの人たちの意見の取りまとめに使われなくちゃいけないんだろう、とすら思った。

しばらくして、クライアントさんの会話の向こうから彼らのお客さんの顔が透けて見えるようになってきた。
「こんなことをしたら、一番迷惑がかかるのはお客さんだ。」
「ビジネスがつぶれてしまう。これまでもいったい何人のお客さんに見放されたことか。」
「こんなに変わってしまったら、社員にも説明できない。」

・・・そうか。調整していたのは、社内のポリティックスではなく、「既存のお客さんとの変わらない関係」と「現状脱却のための変化」とのトレードオフだったんだ、と思い知らされた。
変わり続けなければ生き残れない世の中と、変化に対する心の痛みは、インドネシアでも日本でも一緒だ。

---

「政策の世界って、ステークホルダーがたくさんいて、本当に難しいですね。」と法律学者の友人に話したら、「世の中は、善い人ばかりで成り立ってるから難しいんですよ。」と言われて、実にその通りだ!としみじみ納得した。

みんな、公共事業は悪だと言う。でも、公共事業が減って路頭に迷うのは、土建屋30年で、もうこれ以外仕事はできないんだっていうような気の良いおっちゃんたちだ。
官僚はずるい、ぜいたくだ、と人は言う。でも、官僚の一部、少なくとも私の周りにいる一部はみんな、身を削って、昼も夜も自分を犠牲にして働いている。

インドネシアでは、お母さんが毎日1時間かけて水を汲まなければならなくて困っている。
日本では、妊婦さんが病院をたらいまわしにされて泣いている。
金融危機になって、金融業界に勤める友人は明日の仕事の有無におびえている。
中小企業の社長さんたちは、社員の雇用を守るために胃を痛くしている。
みんな、それぞれに善い人で、そして時々悪いこともして、適度に幸福で、時折不幸で、そんなことは、世界中どこも変わらなくて、貧困層とかセレブとか関係なく、新興国も先進国も、どこだって一緒なんだ。

ああ、どうして、どうして、世の中の人って悪い人に見えても、みんな結局は善い人なんだろう。
これじゃあ、誰も責められない。スケープゴートにできたって、本当はヒトラーもビンラディンも絶対悪じゃない。そうじゃないからこそ、世の中の大勢の問題は解決しない。

---

インドネシアで心から解決したいと思った問題を二つ。

①インドネシアの水道普及率は村落部で6%。その原因は水道局の経営体制の弱さだと言われている。経営がだめな理由はいろいろあるけど、主な理由は水道料金の回収の悪さ。まず、水が途中で盗まれる(50%くらい)。そして、水道料金を支払わなくても水を止められないため(バルブをつけてないため)、水道料金の徴収率が低い(50%未満)。水を盗むのが村民だけならまだしも、なんと職員が組織ぐるみで盗んでいることもあるらしい。その原因は給与の低さ。水を盗まないと生きていけないから水を盗み、水があまり届かないから住民の水道料金納入率は下がる一方。うーむ、悪循環。

②国連の同僚のお姉さんはお医者さんだ。彼女は自分の一生をハンセン病患者に捧げようと思ってハンセン病の病院に勤めた。それはそれは献身的に働き、その成果が認められて段々と昇進。院長になり、予算がコントロールできるようになったとき、病院のトイレの修繕をしようとしたら、病院中の職員から、「そんなことはしなくていい。その予算を自分たちに分けてくれ。」と言われた。病院の給料は低く、組織ぐるみに予算に着服しないと生活ができないのだ。着服に協力をしないリーダーは、病院中のあらゆる力によって、その座から引き下ろされるという。
インドネシアで最も貧しいハンセン病患者からも蜜を吸い取らないと生きていけないのか、と思ったとき、それに耐えられなくて、お姉さんは仕事を辞めてしまった。

・・・これは途上国特有とも言えるし、万国共通とも言える問題だ。
ただ、はっきりしてるのは、今の私には、さっぱり解けないということ。
正確には、悪循環を断つ解のようなものは真剣に考えればわかるのかもしれないのだけれども、恩師の言葉を借りるならば、「一つのプロセスを解決したときに、また新たな問題が出てくる」ような気がしてしまって、どうも下手には手出しができないな、という気がしている。言い換えると、マッキンゼー流に課題を絞って評価項目を決めたら解決できると思うんだけど、実際の問題はもっと開放系で、そう単純ではないはず、とおぼろげながら思っている。

---

すごく、すごく長くなってしまった。
インドネシアで水事業を見て、2ヶ月間経って、最近思うこと。

とにかく勉強したい。人間について勉強したい。社会の成り立ちについて理解したい。
一人の人間の中に、白から黒までの価値観が内包されているさまとか、歴史が繰り返される事実とか、経済も政治も人類学も社会学もひっくるめて、哲学者みたく、こもって勉強したい。

そうして、勉強したら、世の中の不条理を、ちょっとずつだけでも、解決してみたい。当たり前のことが当たり前として通る、そういう風通しの良い状態に、世の中を近づける仕事がしてみたい。
子供たちには、人として最低限得られるべき権利と選択肢を与えたいし、大人たちには、伸び伸びと才能を発揮できる環境を与えたい。それがなんなのかはわからないけれども、そう思う今日この頃です。

皆様・・・、そんな私はどこでどんな勉強をしたらいいのか、ぜひ教えてください(涙)。
スポンサーサイト
UNDP / GSB | コメント(4) | トラックバック(0)

プロジェクトの成果

2008/09/20 Sat 01:24

インドネシアの水について考えること6週間。

村人はそもそも水に関してどんなニーズを持っているのか。
いったいどんな活動が行われていて、なぜいまだもって水道設備が普及しないのか。
結局水は儲かるのか。

もろもろの疑問に対する答えの一部をまとめ、ワークショップにて発表しました!

workshop1


(こちらはインドネシアのUN Resident CoordinatorであるEl-mostafaさんが開会のスピーチをしてくれているところ。インドネシアのUN組織で一番えらい彼を説得してこの会に参加させた上司に心から感謝。)

ワークショップを開くため、関係ありそうな機関に片っ端からコールドコール(受付にいきなり電話してつなげてもらう突撃電話)をかけ、200以上のInvitationを出し続けた日々がなんとか実って、当日は50人以上の参加者に恵まれた。

workshop2

こちらはパネルディスカッションの様子。住民主導で水設備を導入したCAREの担当者、地元建設業者でありながら、ユーザー目線でどんな水サービスが求められているのかを考え、建設から装置の運営までを行っているEkamitra Engineeringの社長さん、公共事業省で水道のPPPを担当している責任者の方が集まって水問題についてそれぞれの見解を発表。
途中、UNICEFからの参加者と議論がヒートアップするところもあり、なかなか面白かった。

workshop2

私のプレゼンの最後の一枚。どんなにがんばったところで水問題に関してはまだまだ新参者。足りない知識はトークでカバーし(?!)、参加者にどんどん質問を投げかけて、全員参加型でプレゼンを行い、なんとか好評のうちにワークショップを終えた。

今回のワークショップは、UNDPの中立性を重視し、依頼を受けた日系企業に限らず、私企業が水事業をやる場合のコツといったものを中心に紹介。

---

果たして今回のプロジェクトは成果を上げたのか。
結局のところ、実行部隊を持たないUNDPの成果は、実際のビジネスを行う私企業なりの活動を通じてしか、インパクトを測れない。
まだ依頼先の企業の本社とのミーティングをしていないので、そういう意味でのインパクトは語れないのだが、6週間見てきたもろもろの水問題を思い起こすと、真っ先に感じるのは圧倒的な無力感だ。

まあ、それでも人間は弱いものなので、自分を慰めるべく成果を挙げてみると、企業側の担当者がとても喜んでくれた、UNDP内でも高く評価された、ワークショップの参加者から「プレゼン良かったよ」というメールが何通か来た、などなど、なんだか「それって結局成果って呼ばないよね?」と突っ込まれそうな内容ばかりなのだが、まあそれでもけっこううれしいのが人情。

このプロジェクトでつけた小さな自信と大きな無力感を糧に、またコツコツと勉強していくしかない。


ワークショップが終わった後、参加した企業の中から2社、UNDPと協力して、貧困層向けの水ビジネスを進めてみたい、という連絡をもらった。
うち1社は地元中小企業で、志も高く、持っているビジネスモデルもとてもポテンシャルが高く、あと必要なのはビジネス拡大のために投資をしてくれる銀行や投資家だけ、という状態。こういうところなら、UNDPがブランドネームで持っていくつかの銀行とつなげるだけで、かなりのインパクトは出るだろう、と思いながら、ちょっとだけ期待をふくらませている。

プレゼンを聞いて、UNDPと一緒にビジネスを進めてみたいと思ってくれる企業がいる。それは、とても、とても小さな一歩だけれども、小さな成功を大事にしないと、この業界で生きていくのはとても大変そうだから、とりあえずは、このちっちゃな成果を胸に日本に帰ろうと思う。

来週火曜日に帰国します。
帰国したら、ぜひ皆さん会ってください!
おみやげありますよ(笑)。



UNDP / GSB | コメント(5) | トラックバック(0)

矛盾を受け入れる

2008/09/11 Thu 00:12

2週前のスラウェシ島に引き続き、先週末は中部ジャワに視察に行ってきました!

今度はUSAID(アメリカ政府の援助機関)の活動地域。

中部ジャワ最大の都市はジョグジャカルタという古都。ジャカルタに首都が移転する前に王宮があったところで、いわば京都のようなところ。
近くには仏教寺院の遺跡であるボロブドゥール遺跡と、ヒンドゥー教の遺跡であるプランパナン遺跡があります。

2年前に比較的大きな地震があり、それもあってUSAIDが活動の拠点を置いている。
中部ジャワの付近、特にグヌンキドゥル地区の近くは水がないことで有名なので、今回はアクセスできる水の絶対量が少ない村々をめぐるのが目的。

・・・と、いうことで、木・金・土曜日と精力的に村々を回ったのだけれども、やっぱり遺跡も巡らなくっちゃ!ということで、日曜日は遺跡めぐりをしました!

(ブログの内容からして、旅行の目的が本末転倒になりつつありますが、、、、あとから、ちゃんと本題に戻ります、、、ええ、きっとたぶん。)

こちらがプランパナン遺跡

temple1

残念ながら修復中。

そしてこちらがボロブドゥール遺跡

temple2

この遺跡はすべて6階立てになっていて、1階ずつ回れるのだが、壁中を埋め尽くすレリーフがとにかく素晴らしかった。

小さな川を1本ずつ隔てて、このミニチュア版の寺院があと2つある。
正式には一つ目のムンドゥッ寺院→川→2つ目のパオン寺院→川→ボロブドゥール寺院の順にお参りをするのだそうだ。

と、こんなことを知っているのも私が前日にボロブドゥール遺跡のある公園内にあるホテルに泊まり、そこで30分の紹介ビデオを見たからなのだが、そのビデオに印象的なレリーフが紹介されていた。

temple3

1つ目の寺院には、俗世の煩悩を象徴する動物の寓話が多数象られている。
その一つがこの写真にある2つ頭の鳥の話。

---
昔、昔、一つの胴体に二つの頭を持つ鳥がいました。
上の頭はいつもおいしい木の実を食べられたのに対して、下の頭はいつも上の頭が食べ残す残りかすしかありつけません。
下の頭は一生懸命上の頭に訴えました。「もっと食べ物を分けて。」
でも、上の頭は聞く耳を持ちません。「どうせ同じおなかに入るんだから、一緒じゃないか。」
下の頭はくやしさのあまり、毒の入った実を食べました。
そして、二つの頭とも、毒によって、死んでしまいました。
---

ビデオは、その寓話を今の世の中になぞらえる。
持つものと持たざるもの。
遺跡を見学に来る観光客と、その観光客になんとかみやげ物を売りつけようとする村人。
栄養失調で亡くなる子供たちと肥満で治療を受ける大人たち。

この世の中の不公平さは、そう、頭の中ではみんなわかってる。


でも、どうすればいいのだろう?


「まあ、ひどい。」と、怒ることは簡単だ。
私は二つ頭の鳥とは違うと自分を偽ることもできるかもしれない。

でも、私はよーく知っている。
150ドルのホテルは高いと思わなくても、私は売りつけられるボロブドゥール遺跡のミニチュアには一銭も払う気はないことを。
どんなに不平等だろうと、今の豊かさを手放せないことを。

一方で私が全財産をはたいて遺跡のミニチュアを買ったところで格差はなくならないことも、
貧困撲滅を唱えながら高級料理を食べている人を責めても全く仕方がないことも、
社会主義が機能しないことも、
そんなことを考えながらも、なんだかんだと、今夜なにを食べるかのほうが、えてして重要だったりすることも、ぜんぶ、わかってる。

自分のわがままも傲慢さも偽わりの善意もすけて見えてしまうだけに、ここにいるといつも以上に疲れてしまう。日本にいたら目をつぶって無視できた矛盾を、毎日、毎日、目の前につきつけられるのは、やっぱりつらい。

・・・・・・

最近になって、オトナになるというのは、矛盾を許容することなのではないか、と思うようになった。

子供の頃、世の中には白と黒しかない、と頑なに信じていた。
今は、この世の中にはグレーしかないんだな、と思う。

たとえば、水道局の水源保護のための植林活動に借り出される上流地域の村には水道水が届いていないことも、
パブリックセクターは汚職まみれだけれども、一方で公務員の正規の月給だけでは一人分の2週間分の生活費にも満たないことも、
国連はいつでも「政府の能力開発が鍵」と言っていながらも、国連の給料が一番良いので、その国の一番優秀な人材が国際機関に集まってしまうことも、
国連、国連、と言いながら、自分自身はおそらく3,4年に一度世界各地を回る国連職員にはならないのだろう、ということも、

すべてを白か黒かに分けられたら楽なんだろうけれども、事実をありのままに許容しなければ、きっとたぶん問題解決は始まらない。

・・・とても正直に言えば、本当はすべてに目をつぶって現実から逃げ出したいのだ。

でも、自分のスタンダードを下げてしまったら、私は、私の尊敬する人たちに合わせる顔がなくなってしまうから、

あと、もう少しだけ、がんばろうと思う。








UNDP / GSB | コメント(7) | トラックバック(0)

中央政府初訪問!

2008/08/15 Fri 02:23

今日、インドネシア公共事業省に初訪問。初めての中央省庁訪問ということでけっこうドキドキ。
やっぱりどこの国でも、政府が一番、えらい。少なくとも、えらく感じる。

Public works


ドキドキしながら、建物内をうろうろしていたら、間違って別の部署に入ってしまった。

そして、、、見てしまった。。。。


課長さんっぽい人が、コンピューターで、ゲームしてた!
しかも、音を出して。。。


噂には聞いていた。財務省には卓球台がエレベーターホールにあるとか、みんなゲームして遊んでる、とか、、、、

でも、百聞は一見にしかず。

ちょっとカルチャーショックでした。

あ、でも、中央省庁の中堅のキーパーソンたちは本当に優秀らしいです。
そして、国連のローカルスタッフの皆さんも本当に優秀です。ゲームしている人もいないし(苦笑)。




UNDP / GSB | コメント(0) | トラックバック(0)

ころころ変わる仮説

2008/08/15 Fri 02:14

こちらに来てからというも、一日、一日に得られる情報量の差分が大きすぎて、毎日のように物の見方が変わる。

世銀、JICA、CARE、中央政府、水道公社、水道コンサルタント、村長、村人、水販売員、、、インタビュー先を一つ重ねるたびに仮説が変わって、全く進捗報告が追いつかない。
(そして、ブログの下書きも、毎日仮説が変わるのでぜんぜん追いつかない。。。)

おととい、昨日と世銀の人何人かと食事をする機会があって、自分の「国連」の見方がなんと偏っていて視野の狭い見方だったのか、ということに気付かされた。よく考えれば当たり前のことだが、UNDP、UNICEF、World Bank、、、それぞれの組織には、それぞれ違う役割が求められているわけで、そのカルチャーも仕事の仕方も全く違う。

指摘されて初めて気付いたのだけど、UNDPでなにを見ても、「マッキンゼーではこうだったのに、ここは・・・」と単純比較をして、批判的な目で見ていた。組織に求められている役割が違うのだから、同じように機能しないのは当たり前でしょ?と指摘されて、そりゃあそうか、と猛反省。
いやはや、たった2年いただけなのに、マッキンゼーの影響力、恐るべし。

外の世界に出て、いろんな価値観を持った人や組織に出会って、マッキンゼーも多様なようでいて、実はとても画一的な価値観を持った人が集まった組織なんだなあ、と思った。「コンサルティング」という単一事業しかないわけだから、それはそれで当たり前。
そして、またごく当たり前なことに、普通の組織にはいろいろな部署があって、それぞれに求められるスキル要件があって、マネジメント能力がある上司もいれば、ない上司もいて、それはそれが良い・悪いではなくて、私が好きか嫌いか、なのだ。

昨日、NY本部から来ているPrivate Sector DivisionのHeadを囲んで、みんなでミーティングしていたのだが、UNDPの問題点を指摘する声が続々と出てきて、みんな同じように感じてたんだなあ、としみじみ思った。
今の組織で本当に好きなのは、一緒に働く人がみんな本当に優秀だということだ。国際職員、ローカルスタッフ、コンサルタントなど、みんなそれぞれに肩書きは違うが、目線の高さといい、問題の核心をつく様といい、一緒に話していて、本当に刺激になる。特にローカルスタッフは、インドネシアの事情に精通しているので、いつも話を聞いて勉強してばかりだ。

こんなに優秀な人材をうまく使いきれていない組織の今の現状は本当にもったいない。
まったくもって、非営利団体の運営は、「インセンティブの複雑さ」という意味で、2倍も3倍も難しい。


UNDP / GSB | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。