スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

くやしさをバネに

2011/05/29 Sun 03:44

スタンフォードのMBAに通うきっかけになった話をしようと思う。

受験している最中もそもそもMBAに行きたいのか、最後まで迷い、Waitlistでスタンフォードに受かった後も、正直通おうかどうか、ずっと悩んでいた。今になって思えば大変おこがましいが、当時はビジネスコンサルタント出身者がMBAに通う意味に少々懐疑的だった。

そんな風に斜に構えていた私の心を動かしたのは、実は合格者のために開かれた模擬授業での一こまだった。
授業では、中小企業を顧客と想定してサーバーを開発してみたら、実は大企業からのほうが需要があって、さて困った、というスタートアップのケースを扱った。大企業のほうが需要が強いといっても、大企業向けに売るためには、新たに営業部隊を作らないといけないし、アフターサービスもできるようにならないといけない。他の大手とも競合しなければいけない。引き続き中小企業の顧客を対象にプロダクトを改良して行くべきか、大企業に売るべく組織を作り直すか、それが授業での論点だった。

クラスの議論では、終始、「想定した顧客ニーズにプロダクトが合わなかったんだったら、プロダクトを作り直すべき。」という初志貫徹論が主流だった。コンサル出身の私も当然そっち派だった。そんなクラスに対して、先生は「プロダクトに合わせて組織を変えるべき」とはっきりと言ったのだった。

「子供が初めて自転車に乗る時、子供もそして彼らを教える大人も、その子がいつか自転車に乗れるようになることを信じて疑ってない。それが若い組織になると、私たちはなぜ「組織が学び成長する」ということが無理だと思うのか?新しいスキルは他社を買収しないと手に入らない、といった議論になるのか?」

文章におこしてみるとたいしたことのないコメントに見えるが、当時の私にはひどくその一言が刺さった。
ああ、そうだ、どんなに大きく立派に見えるものにも、始まりがあるんだ。
その始まりは、子供が自転車に乗れると信じて疑わないように、創って育てることができるんだ。
素晴らしいじゃないか、と。
立派なエスタブリッシュメントを立派と尊ぶ東海岸とは空気が違う、ここには私の知らない世界が広がってる、と思った。そうして、西海岸に来よう、と思った。

あれから1年余り。スタンフォードの1年目最後の授業を来週に控えて、私はくやしい気持ちでいっぱいだ。

MBAに来てみたら、コンサル時代とはぜんぜん違う能力と輝きを持った同級生にあふれていて圧倒された。
事業会社で働いていた人が話すその業界の裏話に比べて、私が聞きかじった業界話ってなんてうすっぺらいんだと思った。百戦錬磨のバンカーに比べて、どれだけ財務諸表の見方が甘かったんだと反省した。元バスケ選手も野球選手もいれば、自転車でアフリカ大陸縦断をした普通の女の子もいる。非営利団体とかクラブ活動なんて、一人平均一個は創設にかかわってるんじゃないんだろうかってくらい、みんな何かしら率先してやってる。どの方面で見ても、私にはできないことができる人ばかりで、しばしこの学校での自分の存在価値が疑われた。

今学期とっている、Formation of New Venturesの授業。毎回、ある会社の起業時の困難をケースで取り上げ、そのケースの主人公(たいてい創業者かCEO)を授業に呼んで、みんなで議論するというもの。はじめの数回、もう私はこのクラスで一回も発言できないんじゃないかと本気で思った。企業を一から創ることについて、私はなにも、なんにも知らなかった。

できあがったプロダクトを初めて売る時。一番目の顧客の獲得は一番難しい。SunMicrosystemsが初めて(学校法人以外の)企業クライアントを獲得するためのディールのケースで、「君ならどう売る?」と聞かれて、頭がからっぽになった。売らなかったら会社は倒産、従業員数十人はくび。でも、「もうほかのベンダーに決めたから」ときっぱり断られてる。クラスで唯一セールスの経験がある同級生が、果敢に交渉に挑戦する。でも、答えが出ない。そこへ創業者のVinod Khoslaはあっさりと「(数億円するサーバーを)タダであげたんだよ。電話で断られた後、ボストンの本社まで飛んで、本社のロビーで知ってる人にかたっぱしから電話をかけ続けたんだ。それでタダでいいし、好きに中身カスタマイズしていいから機械を導入してくれって。あの時競合の機械を入れられていたら、うちは(標準獲得競争に負けて)倒産するしかなかったからね。それに、あのプロダクトは彼らには使いこなせないって自信があったんだ。カスタマイズすればするほどうちのエンジニアリングサポートが必要になる。彼らは後継機を買うはずだって。」

Hotmailがプロダクトもできてない構想段階で、VCから資金調達をする話。20社回って断られて、ようやく興味を持ってくれた投資家。その投資家に対して、Hotmailの創業者は熾烈なネゴシエーションをする。VCのスタンダードなTerm sheetは、創業期の投資の見返りにもらうオーナーシップの比率は30%というもの。それを15%にするよう、あの手この手で交渉をし、最後はVCが折れる。「そんな理不尽な交渉をしてくる相手をどうして投資後も信用することができたの?」と投資を決めたVCの人に聞いたら、「スポーツみたいなものさ。ネゴシエーションが終わった後、本当に良いゲームをした、と相手を尊敬できた。味方として組んだら強いだろうな、と思えたから、一度投資した後の信頼は深かったよ。」

こんな話が次から次へと続く授業で、私はモノを一つも売った事がない自分が、とてもくやしくなった。

スキルがない自分がくやしい。
でも、なにより努力ができない自分がくやしい。
テクノロジーのトレンドも、医療業界の規制も、ファイナンスも、究極的にはプログラミング言語も、全部がんばれば習得できると思う。それなのにきちんと努力ができていない自分がくやしい。

25歳で不動産投資業を興し、5年で50近くのホテル物件、20近くのショッピングモール物件を抱えるまで大きくして、会社を売却したクラスメート。
「会社にいた頃、仕事に行くのが楽しくて仕方なかったんだ。社員の誰よりも早く出社して誰よりも遅く帰ってたけど、朝会社で新聞を読み始めてメールをチェックする瞬間から、夜分厚いディールの資料を作るところまで、楽しくて楽しくて、一分一秒たりとも、次のディールを考える事をやめられなかった。」
ビジネススクールでは、ライフワークバランスをとる方法を考えたいんだ、という彼は、ちょっと悲しそうに会社経営をしていた頃の話をしてくれた。
でも、私には彼が1分1秒を惜しんで仕事に打ち込む姿が頭を離れない。

20歳の時に、寮でkakaku.comのようなサイトを始めて、業界1番のサイトにして、売却をしてきたクラスメート。「最後はどれだけ詰めるかなんだ。似たような競合サイトはいっぱいあっても、彼らががんばれてない抜け穴はいくつかある。それをどれだけ愚直にがんばりきれるか。」
そんな風に彼は成功の秘訣を説明した。今は毎日楽しそうにサルサを踊る彼が言った「最後の1%の努力」という言葉が頭を離れない。

ソーシャルベンチャーの話もたくさん聞いた。Teach for AmericaのWendy Kopp, Khan AcademyのSalman Khan、スタンフォード生まれのベンチャーのKIVAもD.LightもEmbraceも話に来ていたっけ。

始めは圧倒されっぱなしだったそういう話も、最近は、話を聞いていてくやしくなるのだ。私は彼らが同い年だったころに比べて、なんて何もできてないんだろう、と。

そんな風に思うのは、きっと、See-D Contestを通じて、たくさんの素敵なクリエイターと、素敵なユーザーたちに出会ったからだろう、と思う。

西海岸に行く事を決めた1ヶ月後、「日本発で、適正技術のプロダクトやビジネスアイディアがどんどん生まれてくるようなコンテストをしましょう。」といってSee-D(シード)を立ち上げて一年。先週末、一年間の集大成とも言える発表会を開催し、9チームの「途上国向けプロダクトビジネス」のタネが発表された。

開催前後の準備と事後処理に忙殺された日々を終え、ふっと一息ついていたら、別件の残念なニュースと、発表会での子供心にあふれて楽しそうなみんなの写真と、励ましのメールとが、同時にやってきて、気づいたらひとしきり泣いてしまった。くやしくて泣いてしまった。

「やってみちゃえー」とけっこう軽いのりで始めたこの活動が、一年経って、よっぽど壮大なゴールを目指していた事をしみじみ実感した。たくさんの人の情熱とリソースを動かしてしまった一方で、まだまだまだ活動が世界にとってRelevantでないことも実感した。たくさんの才能あふれるすてきな発明の前で、自分の非力さも改めて痛感した。

「このプロダクトを、ユーザーに見せたら、いろいろフィードバックを言うと思うけど、どれが本質でどれが本質じゃないか、見分けられる?」
「このプロダクトの投資、集められる?」
「このプロダクトが、現地のニーズから浮いた夢物語にならないためには、どうすればいい?」
「持続的なビジネスモデル、考えられる?」
マーケティングの訓練を会社でずっと積んできたはずなのに、こういう質問一つ一つに、相手の目を見てまっすぐ答えを出せない自分がいて、それがすごくくやしい。

この一年で、日本でも、アメリカでも、東ティモールでも、素敵な人とたくさん出会ってしまったから、「この人みたいになりたいな。」と思う人と「この人のためになりたいな。」と思う人にたくさん会えたから、そして、「この人達と一緒だったら、ゆっくり楽しくがんばれるかな。」と思える集団(それはきっとたぶん未来出会うであろう潜在的な仲間たちも含めて)に出会えたから、くやしい気持ちを忘れずにがんばれたらな、と思う。

まず、この夏は、See-D第2回目の設計と準備を粛々と進める傍ら、一つのプロダクトと真正面に向き合ってみます。そして、新しく発見するであろう世界をめいっぱい楽しみます。

最後に、世界の本当に必要なところへ必要なモノを届けることに興味があるかもしれない皆さんへ。
いつでも、一緒にゆるゆると楽しくがんばれる仲間を募集しているので、興味があったらこのブログへメールください。





スポンサーサイト
適正技術 | コメント(8) | トラックバック(0)

9月以来のエントリーとなります。
以前、ブログでご紹介したSee-D Contestはあれからも順調に進んでいます。
昨年の10月23日に「アイディア創出」にフォーカスした第1部の最終成果発表会を終え、昨年の12月18日には「実行プラン作り」にフォーカスした第2部のキックオフが行われました。
年末には、See-D始まって以来、初めての夜通し議論も行われ、来年以降もSee-Dの活動を続けることを決めました。

コンテストを通じて考えたこと、感じたこと、感動したことは枚挙をいとまず、そのくせ全くうまく言葉にできなくて、もどかしい日々を過ごしていました。
が、年末の議論を経て、いくらか自分の中での整理が進んだので、これからまた少しずつ、See-Dについてもブログで書いていけたら、と思っています。

ちなみに私は、タネ(See-D)作りを手伝うため、昨日まで日本に帰国していましたが、今日からはまたアメリカ生活です。(今は西海岸へ向かう飛行機の中で、これを書いています。)
先学期は、なかなか筆をとる気になれず、ブログの更新が全く進みませんでしたが、今年はもう少し西海岸の様子も伝えられたら、と思っています。
適正技術 | コメント(0) | トラックバック(0)
1週間の日本滞在を終えて2日前に帰国しました。
朝から晩まで予定を詰めてしまって、家にいた時間から睡眠時間を引くと計10時間にも満たないようなあわただしい旅となってしまったが、総じて良い出会いに恵まれた、充実した1週間だった。

今回の日本帰国の一番のハイライトは、ラプロパックというプラスチック成型会社を訪問できたことだ。
(詳しくはKopernikのブログをご覧ください)

あまりに感動ポイントが多くて、なかなか一言でまとまらないのだが、たぶんそれは、ラプロパックの皆さんが見ている世界が、確かな実感を伴ってホンモノだったからだろう。

例えば世界を変えるデザインにも登場するQ Drumの実物を見せた時のこと。
「どこを変えたらコスト(現状65ドル!)が下げられるんでしょうね~。」という質問に、すぱすぱっとものの5分で、矢継ぎ早に問題点と改善案を指摘された。本当にシンプルな改良だけでコストが半分以下になるとのこと。
「あぁ、プロの方だ。」と背中がゾクゾクした。

続いて、工場を見学させていただいた時のこと。チリ一つなく、きれいに整理整頓された工場。広範囲にわたって目配りをしながら、黙々と働く工場の従業員の皆さん。一目で、ここは良い工場なんだとわかった。
1気圧の中で吸引して行う真空成型は真空成型の分野の中でも、いまだに製造過程に機微がある分野なのだという。(高気圧で押し付けて型取りをする真空成型は、製造機械のほうにはノウハウが詰まっていても、製造工程は誰がやってもだいたい同じものができるそうだ。バリューが機械メーカーのほうにシフトしてしまった、ということ。)
型も、一つ一つ、微妙に手直しをしていた。

何気なく、工場の従業員さんと会話をしていた時のこと。「将来、アジアなど発展途上国向けへのビジネスをされてみたい、とお考えになることはありますか?」との友人の質問に、淡々と従業員さんが答えた。
「いえ、この世界では、もう中国や台湾に太刀打ちできません。国内向け製品だとまだなんとかやれますが、コストがぜんぜん違う。。。中国の製造力はすごい。向こうの人の熱心度合いも桁違い。
今、息子には、将来海外で働けと言っているのです。日本の商社や大企業に入ったところで、先は見えていますから。」
その淡々な言葉ぶりに、私は、逆に言葉も出なかった。この人の見ている世界は、本物だ、と思った。
私が「日本の技術ってすごいかもしれない。」とおおまかに思っているのと違って、高い目線と深い思慮によって、本物の世界を見ている、と。
「でも、この技術で、ほかの国の発展の手助けができるならぜひしてみたいですね。機械を提供したり、技術指導をしたり、協力できることがあればぜひしたいです。」とその方は、静かに、とてもおだやかな表情で付け加えた。

社長さん曰く、何十年も前から、アジア各国のプラスチック工場に行っては技術指導をしているそうだ。
私もいわゆるBOPビジネスから開発の世界にかかわり始めた人間だから、人のことは言えないけれど、
日本の大小さまざまなメーカーが、目に見えないところで育ててきたアジアのたくさんのたくさんの人材や、寄贈してきたたくさんの機械のことを思ったら、「BOPビジネス」なんて言って騒いでいる昨今の様子が恥ずかしくなった。
これから、少しでもビジネスを通じた貧困削減を看板に掲げて仕事をすることがあったら、必ず、必ず、これまで地道な技術移転の活動を続けてこられた方に恥じないだけのことをできるようになっていなければ、と心に誓った。

(いつか詳しく書きたいと思い続けて書けていないけれど、正直、今のところ、私にはそこまで心底すごいと思えるBOPビジネスモデルが見つかっていない。これからも見つかるかどうか、わからない。でも、見つかるまでは絶対にキーワードに流されて、「BOPビジネス」なるものを始めてはいけないと思っている。自分をごまかさないといけなくなるくらいのインパクトしか出せないなら、100%開発に打ち込むか、100%ビジネスをするほうがよっぽどましだ。一連のD-Labの話も、正直、今のところは目的の8割がたは、適正技術教育を通じた人材育成だと思っている。)

ここの社長さん、『世界を変えるデザイン』の大ファンでもあるそうだ。
社員全員のみならず、近所の歯医者さんにまで本を配ったらしい。(そして、その歯医者さんは近所の小学校にまで本を配っているらしい。)
帰り道、「少しだけ寄り道をしていいですか?」との社長さんの一言に、どこに行くのかと思っていたら、近所の歯医者さんに案内された。
「あの本に載ってるQ Drumが目の前にあるよっ。」と、社長さんが呼びかけたら、歯医者さんが治療用の手袋をしたまま飛び出してきた。看護婦さんともども、「へえー。」とか「ほおー。」とか言いながら、しげしげと商品を眺めている。
「これがアフリカで使われてるのかあ。」
「そうかあ。向こうの国には、こういうものもないもんな。」
「すごいー。」「うわー。」
ひとしきり歓声が上がる。
数万キロ離れたアフリカの砂漠の風景が、突然実感を持って浮かんでくる。

そうか、、、人が触ったり試したりできる「モノ」にはこんな力もあったのか。
モノに触れる。それを使う遠い世界の人のことを想像する。
その一瞬が、日本の下町の歯医者さんと、アフリカの子供をつなぐ。時間を越えて。空間を越えて。

全くなんのロジックもないけれど、私はもう少し、「技術」と「モノ」にこだわって、途上国開発とビジネスをつなぐ問題に取り組もうと思った。



適正技術 | コメント(0) | トラックバック(0)
帰国中にはD-Labインストラクターの二人に伴って下記のイベントにも参加予定です。
興味がある方はぜひ!

3月18日 14:00-17:30
AGSワークショップ:Innovation for sustainable development

詳細はこちら: 東京大学:AGSでのワークショップ
事前登録はこちら: AGS年次総会への参加登録

3月19日 18:00-21:30
「途上国の問題を日本の先端技術で解決する」
~飛躍する日本のものつくり中小企業~


(申し込みは上記のリンクよりお願いします)

また、一緒に来日するJosé Gómez-Márquezがディレクターを務めるInnovations in International Health(IIH)と組んで途上国向け医療機器開発をすることにおおざっぱにでも興味のある会社をご存知でしたら当ブログの問い合わせフォームまでメールをいただけると助かります。
探している技術はインクジェット技術やメカトロニクスの技術など多岐にわたっており、協力先は医療機器メーカーに限りません。メールいただいた方には詳細の求めている技術リストを送ります。
適正技術 | コメント(3) | トラックバック(0)
日本帰国中に開催予定のシンポジウムの詳細が決まりました。
皆さんの参加をお待ちしています。

貧困を始めとする、地球規模の様々な社会問題の解決が求められている中で、世界のトップ大学を中心に「技術」と「国際開発」を組み合わせた実践的教育が注目されています。技術立国を目指し、世界の課題解決を使命とするわが国でも、グローバルリーダー育成、実効性のある国際貢献、さらなる産学官連携に取組み、新たな理工学教育のあり方を世界に発信することが必要です。

本シンポジウムでは、その第一歩として、マサチューセッツ工科大学(MIT)の途上国開発に寄与する先進的講義(D-Lab)、そして日本の大学、産業界における取組みを紹介し、日本で進めるべき理工学教育・産学連携のあり方を考えます。詳細は下記のとおりとなっております。

ご多忙の折とは存じますが、是非ともご臨席をお願い申し上げます。


                     記

■イベント名
  「大学」×「技術」×「BOP」 - 日本発、世界を変えるイノベーション

■ 開催日時・場所
  2010年3月20日(土) 10:00 - 17:00
  政策研究大学院大学 想海樓ホール
   ※会場へのアクセスはこちら:
   http://www.grips.ac.jp/jp/about/access.html

■ 主催
  「大学」×「技術」×「BOP」 シンポジウム実行委員会


■ 共催

  政策研究大学院大学


■ 参加申込/お問い合わせ
  参加申込、およびイベント、その他のお問い合わせは、こちらのサイトよりお願いいたします。
  http://sites.google.com/site/dlabjapan/  申込期限は3月18日(木)24:00です。
   ※参加費は無料です。
   ※定員(250名)到達次第の締め切りとさせて頂きます。

■ プログラム

 <午前の部> 10:00 - 12:00
   ・主催者挨拶
   ・基調講演 - William H. Saito 氏 (CEO, Intecur, K.K.)
   ・欧米のトップスクールにおける適正技術教育の広がり - 陸 翔 (ハーバード・ケネディースクール)


   第1部 MIT D-Labの取り組み
    モデレーター - 陸 翔
     ・D-Lab の概要 - 遠藤 謙, José Gómez-Márquez(MIT)
     ・D-Lab Health (医療機器開発)José Gómez-Márquez (MIT)
     ・D-Lab Prosthetics (義足開発) - 遠藤 謙 (MIT)


 <午後の部> 13:00 - 17:00
   第2部 日本の大学における取り組み

    モデレーター:高田潤一 氏(東京工業大学国際開発工学専攻長)
     ・エジプト日本科学技術大学 - ラメシュ・ポカレル氏 (九州大学助教)
・BOPを変革する情報通信技術 - アシル・アハメッド 氏 (九州大学准教授)
     ・ICU サービスラーニングセンター - 本郷好和 氏 (国際基督教大学准教授)


   第3部 産業界の取り組み、産学連携への期待
    モデレーター: 岡田正大 氏 (慶應ビジネススクール准教授)

・南アジアのソーラー灌漑電気自動車 - 金平直人 氏 (大手コンサルティング会社)
・ガイア・ソーラーランタンプロジェクト - 藤田周子 氏 (ガイア・イニシアティブ事務局長)
・ユーザーイノベーションを通じた途上国向け商品開発 
-西山浩平 氏 (エレファントデザイン代表取締役)
・世界中の水をきれいに - 小田 兼利 氏(日本ポリグル会長)


   ・基調講演 黒川清 氏 (政策研究大学院大学教授)

   ・閉会の辞
 
 ※各部末では、質疑応答、総合討議の時間がございます。
 ※日本語/英語両方でのセッションを予定しています。
 ※講演者・タイトルについては、変更の可能性があります。

適正技術 | コメント(1) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。